Online Store

<サイズ>
120mmx200mmx30mm

<時代>
江戸時代末期〜明治期初頭

<商品説明>
日本で古くから親しまれてきた屏風
代々続く旧家では有名無名を問わずその家に伝わるゆかりある素晴らしい作品が数多く存在しております
しかし現代の住空間ではその大きさ、保存の長期化から経年劣化が進むなどの問題でそのまま飾って鑑賞できる機会も少なくなっております
時代屏風を現代の住空間で鑑賞する為にその問題点を解消し蘇らせ活かすと言う点に置いて
時代屏風が活かされ楽しむ事の出来るあたらしい活用方を考案いたしました

<時代屏風設置例>



















ホテルや施設の壁面装飾として良く見かける装飾パネルの様に現代のインテリアで装飾し易いサイズに仕立てあげる事で屏風本来の大きさ故の装飾箇所が限定されてしまう問題を解決していますまた小さなサイズにする事で経年劣化しそのままでは鑑賞しづらい状態の時代屏風を図柄の美しい部分のみトリミングし再び鑑賞し愉しむ事の出来る状態の絵画として蘇らせております
以上の方法で新しい屏風の親しみ方をご提案しております

<過去の作品>

























パネルの仕上げには時代屏風の紙の質感が損なわれぬ様
京表具師による伝統的な技法で表装されております当時の紙の風合いを存分にお楽しみください

ご自宅の代々伝わる屏風をこちらのパネルに仕立てるお手伝いも
承っておりますのでお気軽にご相談ください

Masaオリジナル時代屏風パネル🄬18 117 3 琳派野花図

江戸時代末期〜明治期初頭

35,000円(内税)